FC2ブログ
[私小說。]  盛載我日復一日的呢喃。
09≪ 2018| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

不止一次感到自己的日記乏善可陳。

自問沒天涼好過秋的胸襟,倒是許多事情或心情著實欲說還休。
我想並非從前年少不識愁滋味,只是每個人都在歲月無情的鞭撻之下,無可奈何地接受現實,學會打落牙齒和血吞而已。

堅強和麻木只隔張紙,我沒有取其平衡的自信,所以有時候還是暗自慶幸淚腺未隨年紀衰退-也許偶爾傷春悲秋並不壞,至少新詞賦不完。

スポンサーサイト
2007'04'25(Wed)19:07 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://zut2er17.blog121.fc2.com/tb.php/3-64e46875
trackback



     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。